読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクニカネットワークス、日本を襲った大規模な攻撃キャンペーンを分析した「標的型攻撃の実態と対策アプローチ 第1版」を公開

本レポートでは、マクニカネットワークスが2014~2015年に多く観測されたEmdiviと呼ばれるRAT(Remote Access Trojan)が用いられた攻撃キャンペーンを分析し、攻撃者が使う手法(TTPs = Tactics, Techniques, and Procedures)と、標的型攻撃に従来からよく見られるTTPs、そして企業の成熟度に応じた対策の考え方を解説しています。

とのことです。

詳細なレポートは以下のページからダウンロード可能です。

www.macnica.net