bitbucket のプライベートリポジトリからデータをzip形式でダウンロードする方法

bitbucket のプライベートリポジトリからデータをzip形式でダウンロードする方法

~/.ssh/config に接続情報をかいてから

% vim ~/.ssh/config
Host bitbucket.org
  StrictHostKeyChecking no
  IdentityFile ~/.ssh/your_key

次のコマンドを実行する。

注意点としては、ドメインの直後は/ であること。

( bitbucket のレポジトリトップページからコピペすると、ドメイン直後が: になっており、こちらだとエラーになる)

% git archive --remote=ssh://git@bitbucket.org/your_bitbucket_username/your_repository.git \
                      --format=zip --output="name_of_your_desired_zip_file.zip" \
                      master

参考

stackoverflow.com

ログインできるユーザをログイン出来ないようにする、あるいはログインできるユーザをログインできなくする

jenkins ユーザを例にやってみます。

ログインできないユーザをできるようにする

ログインできないユーザ(jenkins)をログインできるようにするには、

$ usermod -s /bin/bash jenkins

とすればOK

$ cat /etc/passwd | grep jenkins
jenkins:x:501:501::/var/lib/jenkins:/bin/bash

単発なら次のコマンドでもいける

$ sudo su -s /bin/bash - jenkins

ログインできるユーザをできないようにする

逆に, ログインできるユーザをログインできなくするには

$ usermod -s /sbin/nologin jenkins

参考

ログインできないユーザの作成とログインできるように変更するコマンドの使用方法 | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント

vim でテキストをおりたたむ・閉じる

gyazo.com

vim でテキストの一部あるいは全体をおりたたんだり閉じたりするには次のようにします。

開く 閉じる 全体を開く 全体を閉じる
1 段階 zo zc zr zm
全て zO zC zR zM

ひらく

zo とか使うとこのようにひらき

gyazo.com

とじる

zc とか使うとこのように閉じます。

gyazo.com

vim-jp » Hack #178: テキストを折り畳む – 操作編

mac にLibreOffice をインストールする

mac にlibreoffice をインストールしようとしたが、homebrew cask では躓いたのでメモ。

環境

  • 2016年8月
  • OS 10.10.5 (Yosemite)

手動でdmg をダウンロード

以下のリンクから LibreOffice_5.2.0 のdmg をダウンロードする。

http://download.documentfoundation.org/libreoffice/stable/5.2.0/mac/x86_64/LibreOffice_5.2.0_MacOS_x86-64.dmg

手動で配置

mv ~/Downloads/LibreOffice_5.2.0_MacOS_x86-64.dmg ~/Library/Caches/Homebrew/
cp ~/Library/Caches/Homebrew/LibreOffice_5.2.0_MacOS_x86-64.dmg ~/Library/Caches/Homebrew/Cask/libreoffice--5.2.0.dmg

もしかしたら、片方いらないかもしれない。

homebrew cask 実行

brew cask install libreoffice

結果

==> Moving App 'LibreOffice.app' to '/Applications/LibreOffice.app'
==> Symlinking Binary 'gengal' to '/usr/local/bin/gengal'
==> Symlinking Binary 'regmerge' to '/usr/local/bin/regmerge'
==> Symlinking Binary 'regview' to '/usr/local/bin/regview'
==> Symlinking Binary 'senddoc' to '/usr/local/bin/senddoc'
==> Symlinking Binary 'ui-previewer' to '/usr/local/bin/ui-previewer'
==> Symlinking Binary 'uno' to '/usr/local/bin/uno'
==> Symlinking Binary 'unopkg' to '/usr/local/bin/unopkg'
==> Symlinking Binary 'urelibs' to '/usr/local/bin/urelibs'
==> Symlinking Binary 'uri-encode' to '/usr/local/bin/uri-encode'
==> Symlinking Binary 'xpdfimport' to '/usr/local/bin/xpdfimport'
==> Symlinking Binary 'sofficewrapper' to '/usr/local/bin/soffice'
?  libreoffice was successfully installed!

どうもdmg をダウンロードするときにうまくつながらなかった様子。 たしかに、wget でdmg をダウンロードしようとすると、コネクション リトライが続き、ダウンロードすることができなかった。

www.libreoffice.org

【GCE】【gcloud】いま、どのプロジェクトなのかbashのプロンプトに表示する

gyazo.com

複数のGCE環境を掛け持ちしていると、どのプロジェクトで作業しようとしているのか分からなくなるので

どのプロジェクトがアクティベートされているかをプロンプトに表示します。

以下を ~/.zshrc とか ~/.bashrc に追記

function get_active_gce_group {
    if [ -f ~/.config/gcloud/active_config ]; then
        cat  ~/.config/gcloud/active_config
    else
        echo "--"
    fi
}
export PROMPT="%{$fg[green]%}(gcloud:$(get_active_gce_group)) $PROMPT"

でファイルを読み直したら反映されます。

$ source ~/.zshrc

gcloud confing configurations コマンドでconfig設定を切り替えについてはこのへん を参考にどうぞ。

Apple ID のパスワード変更方法 【秘密の質問を忘れた時】

Apple ID のパスワード変更するには、【秘密の質問】に応える必要があるのですが、その【秘密の質問】を忘れてしまったときのパスワード変更方法を紹介します。

Apple ID のパスワード変更方法 【秘密の質問を忘れた時】

以下のリンクに既存のID/パスワードでログインすれば、パスワードリセットのリンクがApple ID に送られてきます。

https://appleid.apple.com/